人気ブログランキング |

カテゴリ:映画音楽舞台展覧会建築他( 46 )

『コラージュ』展、佐々木美穂。

f0033630_10265041.jpg


日曜日、美穂さんのコラージュ展を見に行きました。
明治神宮からの道すがら街の様子がすっかり変わった
事に驚く(どれだけあの交差点きていないのだろう?)。
日曜日にこの辺り歩かないところだから、とキョロキョロ。
ギャラリーへの道に入るとホッとする。
拝見して感じたのは センス というのは持って生まれた
ものをいかに磨いていくかということ。
来る前は絵のほうが好きかもと思っていたけど、コラー
ジュもすごーくよかった。
私は 青いインク というのが一番好き。
美穂さんとお会いするときはいつもちょっぴり緊張す
る。
昔、空色のダッフルコートを着ていた美穂さん。
ずーとそのイメージが変わらない。
いつもピシっとしていて自立している。
お互い歳は重ねたけれど、いつまでも美穂さんは私に
とって素敵な年上のお姉さんだ。
家に一枚美穂さんの絵があり、ダイニングにかけある。
絵があると空間が変わる。
センスは生活から。
私の心のうちで何かがムクムクと大きくなる。
そんな絵を描く美穂さんはいつまでも変わらない。



帰り道、アローズで 柳桜園のほうじ茶とAesopのハンド
ウォッシュを買う。
by ruinyoro | 2014-12-03 11:37 | 映画音楽舞台展覧会建築他

『わたしのえりまき展』 くげなつみ。

f0033630_16455978.jpg


やっと晴れた日、brownie and tea room
へ 『わたしのえりまき展』を見に行っ
てきました。
わー、いろいろな色・かたち・編み方の
まきものが沢山!
早速試してみる。
巻いてみるとわかるのだけど、表情に奥行
きがある。
ただかわいいだけではないのだ。
独創的でなっちゃんにしか作れないものだ
なぁ。
私はオフホワイトのものをオーダー。
届くのが楽しみです。
久しぶりに会ったなっちゃんは全く変わらず!
ピカピカしていました。
今週日曜日までです。
by ruinyoro | 2014-11-28 19:10 | 映画音楽舞台展覧会建築他

御舟と大観。

f0033630_168073.jpg


久しぶりに日本画を観に山種美術館へ。
横山大観の竹に心打たれました。
速水御舟は写生が好き。
青梅も素敵だったな・・。
たくさん葉書を手に入れ、うしし。
美しいものは心あらわれます。
絵画鑑賞、ご無沙汰だったので沁み入りました。
靄が晴れたかのよう。
これからはもう少し見られるかな?
冬休みが来る前にもっとみたいな。
by ruinyoro | 2014-11-22 18:16 | 映画音楽舞台展覧会建築他

久しぶりに映画など。

f0033630_19403799.jpg


お休みの日、本当に久しぶりに映画を見
てきました。
欲張って2本だて。
『情熱のピアニズム』と『わたしたちの
宣戦布告』。
ミシェル・ペトルチアーニ、こんな人が
いたなんて!
特別な星の下に生まれた人。
あ~、生で演奏を聴きたかった。
わたしたちの宣戦布告、やっぱりフラン
ス人だわ。
差別発言とかあって一瞬場内の雰囲気が
凍ったように感じた(昔、ギャスパー・
ノエのアレックス見た時のような)のだ
けど、全く問題なし。
あの状況では致し方ない言葉で救われた。
苦しい時でもユーモアが大事だね、とい
うこと。

帰り道、10時過ぎに渋谷を通過するも
(bunkamuraから井の頭線駅まで)随
分変わっていて驚く。
いる人も奇妙でザワザワし過ぎてて無駄
な光が多過ぎて恐怖すら感じ、急ぎ足で
さっと通り過ぎる。
もうこの辺りは歩けないなー。
by ruinyoro | 2012-10-22 10:42 | 映画音楽舞台展覧会建築他

『Oiva Toikka Glass and Design』

f0033630_23214960.jpg


f0033630_23223392.jpg


f0033630_2323275.jpg


f0033630_2324860.jpg


オイバ・トイッカの写真集。
え!こんなのもあるんだ~と新発見も多々。
表参道のQUICOで見たPOMPOM VASES
シリーズも載っている。
昔から透明なもの、特にガラスで出来たモノ
に強く惹かれている。
石(ジュエリー)なども好きだけど、ガラスって
すごく可能性がある素材だと思う。
用途が限定されているものより、これなぁに?
と思うようなものが好きだなぁ。



『Oiva Toikka Glass and Design』
by ruinyoro | 2011-09-29 23:26 | 映画音楽舞台展覧会建築他

『ハーブ&ドロシー』。

f0033630_15311222.jpg


あっ、あっ、見に行かなくちゃー!と思っている
うちにその映画は終了。
な~んて事が多いのですが、今回は間に合った。
いえ、間に合ってよかったです。
『ハーブ&ドロシー』 を見てきました。
う~ん、こんな夫婦がいるなんて!
しかもアート界、しかも現代アートのコレクターだ
よ。
あるアーティストのことをさしドロシーが、
『誰にでもアイディアはあるものだけど、実行する
のは奇跡ね』 
との言葉があるのですが、深くうなずきました。
また、アーティストが2人のことを本物の審美眼を持
っている、と評します。
好きで好きで好きで、気がついたらこうなってしまっ
た2人。
誰にもまねは出来ません。
これがもし日本なら?
残念ながらいなさそう・・いや、ひょっとしたら骨董界
にはいるのかな。
でも思ったのは現代アートを垣根なく、老若男女楽し
めるって素晴らしいということ。
好きなものを少し無理して買う、これも大切だな。
最近、背伸びは今しなくて何時する?と思ってるの
で自分の生活全般についても色々考えてしまいました。
また猫好きには必見です。
ハーブ&ドロシーのお2人も猫が好きで、そのかわいが
り方が、あぁ!わかるわかる!というか自分と一緒(笑)。
最後にナショナルーギャラリーに作品を寄贈した2人。
少しばかりの謝礼も全て新しく作品を購入したことでなく
なってしまったとのこと。
愛すべき2人に万歳!


※余談ですが、先入観まるでなくハーブ&ドロシーと聞
 いて、美味しそう!と思ってしまったのは私だけでしょ
 うか?
by ruinyoro | 2011-01-31 15:47 | 映画音楽舞台展覧会建築他

『シングルマン』。

f0033630_22143518.jpg


朝一番の映画館、コーラとキャラメル味の
ポップコーンをつまみつつ上演を待つ。

シングルマン、まるで美しい夢をみている
様な映画でした。

映画の中で何度も時が止まり時間の流れ
が変わる瞬間があって、その度心がざわつ
きます。
久しぶりに集中してみれた映画。
繊細に何層にも重なる映像と音楽。
感性だなあ、それも才能。

インテリアも素敵で、主人公のガラスの家、
親友のムーディーな家、ともにため息。
住宅の理想系(私的)がありました。

それにしても昔の車の美しい事!
ダッシュボード、ハンドルまわりの滑らかな
艶のある木材にうっとり。
よく煙草を吸うシーンが出てくるのですが
(小物にも抜かりなし、ピンクパ-プルの煙
草かわいかった!)、その昔ヘビースモー
カーだったことをボンヤリ思い出しつつ、生き
方というものについて考えてしまいました。
最近忘れがちになっていた、物事をしっかり
見つめること、他者との距離感、孤独や優し
さなど。
貫くことの大切さ、トム・フォードは一貫して
ますね。
この映画を見て、私が失いかけたものを見つ
けることが出来ました。

帰りには夢遊病者のごとくレコード屋に寄り、
映画のサウンドトラックを手に入れました。
只今家でヘビーローテイション中、まだまだ
映画の世界に浸っています(サントラも秀逸!)。



※Tさん!早速観に行ってきましたYO☆
by ruinyoro | 2010-10-20 22:20 | 映画音楽舞台展覧会建築他

『ネイチャー・センス展』。

f0033630_23561772.jpg


森美術館で開催されているネイチャー・センス展を
見に行ってきました。
特に吉岡徳仁さんの作品-綿花をプロペラの風で
舞い上がらせる真っ白な部屋、光化ガラスで出来
た長い塊-などがとてもポエティックでよかった。
あんな作品が部屋にあったらなぁ。
倉又史朗氏に師事とのこと。
吉岡さんの作品は瞬間で魅了されるものが多いで
す。
立ち止まり、歩き、戻り、何度も何度も見てしまう。
きれいだったり美しくはかないものを見ると心が浄化
されますね。
ずっと眺めていたいと思わせるもの。
そんな作品を作り出せるのって素晴らしいです。
もし私がうんとお金持ちだったら、あの長いガラスの
塊を家に置きたい。
夏とかあの上に横たわったらひんやりして気持ちい
いだろうなぁ。
朝起きて飲み物片手に腰掛けて、昼になったら回り
をぐるぐる歩いたり、たまにディナーをあの上でとった
り(もちろんキャンドルを燈して)。
想像するだけでウキウキしてしまう。
出来ることなら人生、胸をキュンキュンさせて生きて
いきたい。
余談ですが、吉岡徳仁さんを見るといつもシロクマを
思い出します。
11月7日まで開催。
きっとまた眺めに行ってしまうことでしょう。




写真はチュニジアのホテルのプール。
by ruinyoro | 2010-09-14 23:57 | 映画音楽舞台展覧会建築他

ダンディ。

f0033630_0574015.jpg


阿部勤さんのオープンハウスへ伺いました。
もう見られないだろう職人技の粋が集まった
日本家屋。
間違いなく100年後も存在するであろう家。
新旧の素材を使用しているのですが、全て
馴染んで(・・・・という言い方も適切じゃない
なぁ・・)最近よくある古いものと新しいものを
組み合わせた建物とは一線を画する家でした。
(すみません、ボ~っとして写真ないです)

それにしても・・・阿部さん格好いい・・・。
ダンディで素敵でした。
失礼を承知で、久々に見る大人の男性の
よいお顔。
よく使い込まれた黒光りする木製のペーパー
ナイフの様な・・デニス・ホッパーに似てる?
と思うのは私だけ?
ご自宅も素敵なのよね。


Aさんご夫妻から頂いたNYの土産。
このチョコレートがすごーーーく美味しくて、
あっという間に食べてしまいました。
こういう品を選ばれるのってよいな~。
by ruinyoro | 2010-03-16 01:01 | 映画音楽舞台展覧会建築他

『メキシコ20世紀絵画展』。

f0033630_13271248.jpg


最終日に駆け込みで見て来ました。
『メキシコ20世紀絵画展』。
フリーダ・カーロの “メダリオンをつけた自画像”
をみれて(世田谷美術館は絵との距離がとても
近い気がします)贅沢。
でも一番印象に残ったのがディエゴ・リベラの
“夜の風景”。
見れば見るほど、心の奥底で何かを思い出せそ
うな・・。
いつか家を建てたらこんな絵をかけたいね、と
意見が一致。
by ruinyoro | 2009-09-05 13:28 | 映画音楽舞台展覧会建築他