タグ:古いもの ( 84 ) タグの人気記事

テーブル再考。

f0033630_10251998.jpg


大きいだけがよいわけではない・・・と模様替えを
して気がついた。
2・4m位のテーブルがほしいとずっと考えていた
けど、我家は3人。
この先増える予定もなし。
来客はたまにあるがそんな頻繁にあるわけでない。
2月になり、あまりに寒いのでガスストーブのあるキッ
チンへテーブルをひとつ移動した(あ、模様替えだなん
て格好つけちゃった)。
ダイニングに残ったのがこれ。
朝食はストーブのそばで、夕食はこちらで食べる。
ポツンって感じでちょっとガランとしてるけど、余白が
あってこれもいいなと。
何よりキッチンにテーブルがあると料理するとき便利。
人が来たらテーブルくっつければいいやってこともあり、
しばらくはこれが続きそう。
[PR]
by ruinyoro | 2015-03-16 10:28 | 日々

春めいてきたようだ。

f0033630_7235398.jpg


これから読もうと思っている本。
ひな祭りに桃の花。

スーパーでふきのとうを見つけたので蕗味噌を作って
みた。
失敗・・味濃い。
味噌とお酒、ふきの刻み方に問題。
リベンジを誓う。
里芋のポテトサラダと聞いて美味しそうだと思い作って
みた。
・・・蒸して塩つけて食べる方が美味しいなぁ。
リベンジはなし。
[PR]
by ruinyoro | 2015-02-28 07:27 | 日々

マジェスティックホテル(マレーシア・クアラルンプール)。

f0033630_12373611.jpg


f0033630_1238311.jpg


f0033630_12383556.jpg


f0033630_1239829.jpg


f0033630_12393999.jpg


f0033630_12402625.jpg


f0033630_12404410.jpg



クアラルンプールで泊まったホテルがとーっても素敵
でした。
私の好きなクラシックホテル。
だけどそこにモダンなテイストをMIX・・・と書いて
しまうと何だか軽くなってしまうんだけど。
全室スイートの広めのお部屋で、隅々まで気が配られ
ていて大変落ち着きます。
緊張感のある静けさとは別物の静けさ。
朝食はお部屋で食べられるのですが、うちは諸事情が
あり・笑、隣のタワー塔まで行きました。
時々、ホテルに泊まってみて思うのですが、いいホテル
にはいいお客さんが付いているということ。
設備はもちろんですが人が空間をつくっている。
同じ5つ星でもそれぞれ客層が違うのが面白い。
ロビーで新聞を読むお洒落な紳士(40代後半)、TAXI
待合室で楽しそうにお喋りしながら待つ女性4人組(き
っとパーティーか食事にでも行くのでしょう綺羅びやか
にドレスアップをしていて眼福)、メインダイニングで
ゆっくりと食事と歌を楽しむ塾年夫婦。
今回、子どもがいたのが申し訳なかったほど(本当は
幼児は泊まれないホテルです)、大人がゆっくりと寛げ
るホテルでした。
お部屋はソファーと書斎のある広めのお部屋とベッドル
ーム。
バスは猫脚にシャワールーム別。
もちろんインクルーシブで、筆頭すべきは市内までの送迎
がいつ何時もフリーということ。
これとても助かりました(渋滞してるので)。
きっとまたクアラルンプールに来た際には泊まることで
しょう。
[PR]
by ruinyoro | 2014-11-06 21:46 |

ときめく、店。

f0033630_19423325.jpg


ひとりで吉祥寺をぶらぶらしてき
ました。
ずっと気になっていた『サムエル
ワルツ』にやっとお邪魔できまし
た。
こんなにドキドキするお店は久し
ぶり、と思う程セレクトと配置に
キュンとしてしまいました。
いびつなムーミンがいたり、壁に
飴色のギターが並んでいたり、ア
ラビアの大きなガラスジャグがあ
ったり、そうかと思えば棚の下
の方に無造作にGunnar Nylundや
Carl Harry Stalhaneの器が転がっ
ていたり…。
ちょっとした宝さがし気分で店内を
ゆっくり漂いました。
CINQは私には少し女の子らし過ぎ
るのですがサムエルワルツは+男性
の視線が感じられてとても好きな感
じでした。
もちろん店内は統一感があり計算さ
れてるのだけど、例えるなら旅先で
ちょっとさびれたイケてない店・だ
けどすごい掘り出しものが隠れてい
るお店を発見してしまった時の様な
ドキドキ感が流れているお店なので
す。
変な言い方になってしまいましたが
これってすごいことだな、と。
またお伺いしようと思います。

そして、つい惹き込まれてしまった
ひつじさん。
妙な魅力がいっぱい。
[PR]
by ruinyoro | 2013-02-24 22:16 | お買い物

チェンマイのホテル(Rachamankha Hotel)。

f0033630_21183821.jpg



一大発起し、リビングを完成させました!
…な~んていうのは嘘で、年末に泊まった
ホテルが素晴らしく好みで理想に近かった
ので載せます。
いつかはこんな感じにしたいなぁという
野望を抱きつつ、記憶をストックです。
バラバラのフレームも素敵だけど、こうい
うビシッと揃えるのも好き。
このホテル、いたるとこがシンメトリーで
何だか気持ちがよいのです。
タイのアンティークとシノワズリをMIXし
てて落ち着く空間。


f0033630_211839100.jpg


うちの玄関なんかもこんな風なコンソール
を置いてまとめてみたいです。



f0033630_22374016.jpg


f0033630_2237412.jpg


f0033630_22374366.jpg


f0033630_22374570.jpg






※タイ・チェンマイ・Rachamankha Hotel
[PR]
by ruinyoro | 2013-01-11 21:22 |

ちびりちびりと。

f0033630_22351042.jpg


TVで 『セント・エルモス・ファイアー』  が流れて
いたので見る。
ロブ・ロウって骨格マイケルと一緒じゃん!とひと
りつっこむ。
骨格似てると表情も似てくるのね。
アンドリュー・マッカッーシーって今どうしているの
だろう?
高校生の頃、雰囲気が似た人と付き合っていた事
をふと思い出す。


二子玉川の高島屋にある『福光屋』にて “干しほた 
るいか” を大量買いする。
そのままお手軽に食べられるので、リピート買いして
いるもの。
夜、ビールと一緒にまた一袋あけてしまった。
最近嬉しいのはちょっとした骨董を扱いだしたこと。
なかなか骨董市に行けないのでプチ骨董市気分が
味わえる(笑)。
この日は塗りの角盆を買いました。


ようやく入園準備(縫い物ね)が終わる。
やっぱりというか、縫い物熱が高まりました。
今日はズボンをひとつ仕上げる。
相変わらず手縫いで・・。
今度こそ、時間が出来たらミシンの調節をしようと思う。







※これは下から、中国・八幡宮の骨董市・京都で買い求
 めたもの。



※読んだ本
 『夜想曲集』 カズオ・イシグロ
 『ぐう~の音』 大田垣晴子





 
[PR]
by ruinyoro | 2012-04-06 22:38 | お買い物

『小川未明 童話全集』

f0033630_1522916.jpg


すっかり秋ですね。
そして、もう11月だ。
暖かい日が続いていて嬉しい。
本日も公園日和でした。


実家から大量に本を送ってもらった。
そのなかに『小川未明童話全集』がある。
その昔、親戚から譲ってもらったもの。
すごく嬉しい。
だって装丁が本当に素敵なんだもの!
今の本でここまで素敵な装丁はなかな
かないと思う。
持っているだけでわくわくするってすご
いなぁ。
そういえば家の人の中・高校は教科書と
いうものが存在してなくて小川未明などが
教科書だったとのこと(先生方が独自に
作るものだったらしい)。
赤褌で遠泳したり不思議な学校だわん。
とにかくこれから読み進めていくのが楽し
み。
ボロボロだから大事に扱わないと☆
[PR]
by ruinyoro | 2011-11-07 15:04 | お気に入りの本

きらきらのキ。


f0033630_23164428.jpg


今日は友人の家に遊びに行った。
うんときれいに片付いてて(忙しいはずなのに!)
身が引き締まる思い。
私も整理整頓(整頓が苦手)に掃除をしっかりせね
ばと反省。


いよいよ、土地決まりました☆
10月から探し始めて6ヶ月か~。
時が流れるのは早いですね。
手続きのあれこれ(って私がしたわけではないけど)
手がかかることこのうえなし。
お施主さん達が皆これを通過してるかと思うと頭が
下がります。
早ければ6月末には引っ越せるそう。
古家(またもや!)に住むので、リフォームは必須。
新築は・・・数年先になりそうですよ~。




随分前に買ったヴィンテージ・コスチュームジュエリー。
キラキラ。
でも古くて、ところどころさびててキラキラも落ち着
いてます。
これに合うトップスがまだ見つからない。
いつかブローチを素敵に身につけれるようになりた
いです。
[PR]
by ruinyoro | 2010-04-15 23:18 | お買い物

『櫛 NHK美の壷』。

f0033630_1235168.jpg


f0033630_1245019.jpg


これはもう小さな持ち歩ける美術品。
見れば見るほど欲しくなるもの満載です。
素晴らしい手仕事はため息モノで、撫子文様の
水晶と鼈甲でできた櫛、裏菊文様の蒔絵櫛(最
初、南瓜かと思いました)や銀製の透かし彫り櫛
に海老文様ビードロ付き真鍮櫛・・・・・・などなど。
どれもこれも本~当に素敵っ!
櫛って女心をくすぐります。
バッグの中に小さな櫛をしのばせて、ひとりになっ
たらそっと髪をすく。
そんな女性が好きです(そしてそうなりたい!)。
ここ数年、年々日本のものに惹かれていく自分が
います。
その歴史や小話を聞けば聞くほど興味が湧いて
きて、手元に置きたい気持ちがムクムクと。
丁寧な仕事にはこちらの在り方も問われますね。
修行です。
この 『美の壷』 シリーズの書籍はきゅんとくるの
が多くて愛読してます。
おすすめ☆


f0033630_12526100.jpg


f0033630_1255565.jpg


f0033630_1261380.jpg


↑何と日本地図文様の蒔絵鼈甲櫛!!



『櫛 NHK美の壷』 日本放送出版協会
[PR]
by ruinyoro | 2009-08-10 12:11 | お気に入りの本

用意はできた?

f0033630_1743671.jpg


生まれて初めて蜂に刺されました。
何とスパッツ(レギンスですね)の中に潜んで
いたのです。
ひぇーっと驚き・騒ぎ・病院へ。
大げさ?
だってすごく痛かったのだもの。
例えるのなら、バラの棘が10本くらい一箇所
に刺さった感じです。
12月なのにねぇ・・・。

クリスマスに!と思って買ったダンスクのキャ
ンドルホルダー。
小ぶりながら存在感あり。
だけど、これに合うロウソクがなーい。
よって今日は使えないなぁ。
トホホ、こういうこと多し。
いいの、次は年末に向け探すもん。
[PR]
by ruinyoro | 2008-12-24 17:15 | お買い物