カテゴリ:旅( 72 )

星空の下。

f0033630_13233788.jpg


本日は春の嵐。
空気も風も何だか白っぽく。
強風に樹々が揺れています。


3月に義母と温泉に行ってきました。
桜には少し早かったけど、緑が美しかっ
た。
着いて一休みをしたらまず一風呂。
身も心ものびのび。
もちろん夕食の後にも。
夜中はお酒を持ち込み、星空とポチポチ
雨が降る不思議な空模様を楽しみまし
た。
これがインフルエンザの原因では?と
言われているけど…笑。
次はGWに行けるかな。
[PR]
by ruinyoro | 2015-04-20 13:25 |

美味しいマレーシア。

f0033630_2238681.jpg


マレーシアで美味しかったもの。
半透明な麺。
甘辛なカレー風味のソース。
冷麺より柔らかく、でも噛みごたえがある。
毎朝食べちゃいました。
[PR]
by ruinyoro | 2014-12-18 22:41 |

マジェスティックホテル(マレーシア・クアラルンプール)。

f0033630_12373611.jpg


f0033630_1238311.jpg


f0033630_12383556.jpg


f0033630_1239829.jpg


f0033630_12393999.jpg


f0033630_12402625.jpg


f0033630_12404410.jpg



クアラルンプールで泊まったホテルがとーっても素敵
でした。
私の好きなクラシックホテル。
だけどそこにモダンなテイストをMIX・・・と書いて
しまうと何だか軽くなってしまうんだけど。
全室スイートの広めのお部屋で、隅々まで気が配られ
ていて大変落ち着きます。
緊張感のある静けさとは別物の静けさ。
朝食はお部屋で食べられるのですが、うちは諸事情が
あり・笑、隣のタワー塔まで行きました。
時々、ホテルに泊まってみて思うのですが、いいホテル
にはいいお客さんが付いているということ。
設備はもちろんですが人が空間をつくっている。
同じ5つ星でもそれぞれ客層が違うのが面白い。
ロビーで新聞を読むお洒落な紳士(40代後半)、TAXI
待合室で楽しそうにお喋りしながら待つ女性4人組(き
っとパーティーか食事にでも行くのでしょう綺羅びやか
にドレスアップをしていて眼福)、メインダイニングで
ゆっくりと食事と歌を楽しむ塾年夫婦。
今回、子どもがいたのが申し訳なかったほど(本当は
幼児は泊まれないホテルです)、大人がゆっくりと寛げ
るホテルでした。
お部屋はソファーと書斎のある広めのお部屋とベッドル
ーム。
バスは猫脚にシャワールーム別。
もちろんインクルーシブで、筆頭すべきは市内までの送迎
がいつ何時もフリーということ。
これとても助かりました(渋滞してるので)。
きっとまたクアラルンプールに来た際には泊まることで
しょう。
[PR]
by ruinyoro | 2014-11-06 21:46 |

マレーシアの海。

f0033630_1745129.jpg


今回はクアラルンプールとクアラトレンガヌへ
行ってきました。
ボートトリップできれいな海にも。
海に潜ったら海底をウミガメがのそのそ歩いて
いました。

f0033630_13544729.jpg


ビーチには自然に出来た砂の城が。
ここを滑り台みたいにして下ります。
毎日、目一杯遊びました。
[PR]
by ruinyoro | 2014-10-28 13:55 |

ヤオヤイ島。

f0033630_194391.jpg


南の島にきています。
よりによって大雪の日に出発。
やはり暖かいところはいいなー。
今回も波瀾万丈。
タイで救急車に乗り、只今ビール漬け。
[PR]
by ruinyoro | 2014-02-14 19:09 |

クラビのホテル(Rayavadee Hotel)。

f0033630_15361563.jpg


f0033630_15361621.jpg


f0033630_15361958.jpg


f0033630_15361842.jpg


今回の宿泊先。
レストランが3つあり敷地が広過ぎて
(猿やらリスやら沢山います)こども
連れには大満足なホテル。
お部屋もメゾネットになっており砂が
ベッドルームまであがらず良かったで
す(ビーチリゾートでは大切なポイン
ト)。
ルームクリーリングも留守にしている
間に3回は入ってくれるので助かりま
した。
何だか家みたいな感覚?
写真最後は洞窟内にあるレストラン。
小さなビーチが3ヶ所もあるので毎日
あっちこっち遊びに行きました。
地元の子と蟹を捕まえ、捕まえ方を伝
授してもらい(ハサミをつかまる!)
磯遊びも盛り上がりました♪
スタッフも高水準でノーストレス。
全体的な建物・細部のディテールは
好みではなかったけど、ファブリッ
クは好きでした。
タイに行く様になって様々なホテル
に泊まったけど、年々ジャッジが厳
しくなっているのを感じます。
いつか自分で作ってみたい!と妄想
しつつ(絶対に小規模!で調度はア
ンティークを使用・レストランはひ
とつで良いので美味しい事と朝食に
こだわる・バスルームは広くとり気
持ち良く使えることを優先・タオル
は大きすぎないものを、ガウンはワ
ッフル以外・歯ブラシひとつまで選
び抜きたい) 。


毎年、タイに旅行する度に思うのは
世界の国別経済力。
数年前まであまり見なかった中国勢
が増え、どこにでも大挙して押しか
けています。
相変わらず日本人も多いけど、今回は
タイの連休も重なり駐在している方
が多かったです。



込める
[PR]
by ruinyoro | 2013-08-04 15:38 |

ヤムヌアとパッタイ。

f0033630_21245734.jpg


f0033630_21245844.jpg


正直、今迄ホテルの食事を美味しい
と思った事はありませんでした(朝
食は除く)。
タイはローカルのレストランの方が
断然美味しいのです。
でも今回泊まったところはビックリ
する程美味しくて滞在中何度かホテ
ルのレストランに通いました。
まずヤムヌア(牛肉のサラダ)が最
高ー!!
レアのサーロインの上に刻んだパク
チー・レモングラス、レッドオニ
オン・唐辛子・ミント等が散りばめ
られた辛いソースが乗っていて、す
こぶる美味しい!
これによく冷えた白ワインが合い過
ぎて止まりませんでした。
家で牛肉を食べる時はこの食べ方を
真似してみようと思います!
もうひとつはパッタイ。
これは何と言っても麺がモチモチ
していて今迄食べた中で断トツの
ナンバー1。
もどし方?それとも麺の種類かな?
和えてある野菜とソースのバランス
もよく、最後まで美味しく頂けまし
た。
[PR]
by ruinyoro | 2013-08-01 21:27 |

雨季。

f0033630_12305687.jpg


雨季のタイにきております。
今回もパタヤとクラビ。
小さな入江に沈む夕日。
山のシルエットが浮かぶ頃には
沢山の瞬く星があらわれます。
流れ星が強い光を放ちながら静か
に消えていきました。
[PR]
by ruinyoro | 2013-07-28 12:56 |

チェンマイのホテル(Rachamankha Hotel)。

f0033630_21183821.jpg



一大発起し、リビングを完成させました!
…な~んていうのは嘘で、年末に泊まった
ホテルが素晴らしく好みで理想に近かった
ので載せます。
いつかはこんな感じにしたいなぁという
野望を抱きつつ、記憶をストックです。
バラバラのフレームも素敵だけど、こうい
うビシッと揃えるのも好き。
このホテル、いたるとこがシンメトリーで
何だか気持ちがよいのです。
タイのアンティークとシノワズリをMIXし
てて落ち着く空間。


f0033630_211839100.jpg


うちの玄関なんかもこんな風なコンソール
を置いてまとめてみたいです。



f0033630_22374016.jpg


f0033630_2237412.jpg


f0033630_22374366.jpg


f0033630_22374570.jpg






※タイ・チェンマイ・Rachamankha Hotel
[PR]
by ruinyoro | 2013-01-11 21:22 |

スペイン最後の夜(マドリード・TRYP Madrid Ambassador Hotel)。

f0033630_21352631.jpg


f0033630_21352794.jpg


f0033630_21352888.jpg


ポルトガルからマドリードに戻り
市場で腹ごなし後、和食レストラ
ンに(小人用)。
マドリードは本当に街がきれい。
驚いたのが工事現場の養生に建物
の絵が印刷されていること!
プラド美術館も一部改修をしてい
て同じ様に建物が印刷されていて
流石だなあと思いました。
景観に関しては日本の美意識の低
を痛感。
そうそうプラド美術館といえば目
的だったゴヤの『黒の絵シリーズ』
、ボッシュの『快楽の園』、ディ
エゴ・ベラスケス『女官たち』を
見れただけでお腹いっぱいギブア
ップ。
全部みるには3日はほしい程広大
な美術館。
いつかゆっくり見たいです。

写真は最後に泊まったホテル。
バルコニーからの眺めがよかった。
[PR]
by ruinyoro | 2012-08-17 21:37 |