クサール群 (チュニジア南部)。


f0033630_11133096.jpg


今はもう誰も住んでいないクサール群。
南部を旅行してると、あちらにもこちらにも。
それぞれが少しづつ違っていて、朽ちていく
寸前のものもある。
世界の果てのような、静まりかえった場所。
私たちはゆっくりとその中に足を踏み入れる。

チュニジアでは今迄に見たことのない風景に
いくつも出逢いました。
黄砂の中、岩肌に沿ってひろがる村。
何もない、幻想の世界。
でも人々はそこでしっかり生活をしている。
今まさに絞りたてのオリーブ油の美味しかった
こと!
何もない風景がこれほど美しいなんて。
何百キロも移動する車の中、流れる風景は
ワクワクの連続でした。


f0033630_1115276.jpg


[PR]
by ruinyoro | 2007-12-14 11:16 |


<< 小さなくつ (チュニジア・ドゥ... ベルベルのパン (チュニジア・... >>