済州島の日々(韓国)

f0033630_1515062.jpg


行ってきました、済州島。
今回の旅行は友人のお墓参りがメイン。
総勢5名での旅行となりました。

f0033630_152485.jpg


f0033630_1522091.jpg


友人のおばあちゃんが住んでいる海沿いの小さな村。
いいんだなぁ~ここが。
塀の感じや屋根が沖縄みたいでしょ?
村には元気なおばあちゃんがいっぱい。
友人のおばあちゃんと歩いていると何処からともなく
わらわらとおばあちゃんが出てくる。
みんなお肌つやつやでとーってもいいお顔をしている!

f0033630_1545994.jpg


隣の家のトラクター。
かわいい!

f0033630_15221920.jpg


到着の翌日にメインのお墓参りへ。
この遠くに見える“おっぱい”のような古墳のようなのが
お墓です。
親戚が集まり、まずお墓の前にピクニックシートを敷い
てお供え用のお食事を置きます。
肉や魚にキムチやナムルやスープ、お菓子に果物お酒
とジュースなどなど。
おばあちゃん達は前日からスープを煮込んだり豚足を買
いに行ったり。
その後、ひとりずつお墓の前で手を合わせ指をついてお
辞儀を2回繰り返します。
私達も参加させてもらいました。

f0033630_1522407.jpg



全員終わったらお供え物を小さな器に少しずつ集めてお墓
の周りの石塀にかけます。
これでご先祖様にも食べていただくことに。
よく晴れた野原の木陰で、おばあちゃんの作った美味しい食
事をみんなで食べます。
気持ちのいい風が吹く、誰もいない草原は別世界のようでした。

こんな、お墓参りっていいなぁ。


この旅行で一番興味を惹かれたのが“お墓”でした。
済州島は土葬だそうで、島のあちこちでお墓を見ることが
できます。
小さな山がたくさんあるんだけど、その山一面が全部お墓!
という風景もあった。
友人のおばあちゃんは、お墓のお手入れをすごくよくしてい
るのでお掃除は放牧している馬の糞を片付けるくらいでよ
かった。
でも、畑や山の麓にあるもう誰もお参りに来ない様な侘びた
お墓もよかったなぁ~。
松の木の下にひっそりとあったりして、菜の花が群生してるの。
その形もあってか、悲壮感や暗い感じなんて全然ない。
ただそこにのんびりとある、って感じ。


f0033630_15404774.jpg


ぶー子。
笑う豚。
そして旅に欠かせないのが市場です♪
食欲炸裂~!!

f0033630_15415939.jpg


すっごく新鮮。
頼べばその場でさばいてくれる。

f0033630_15435248.jpg


きょろきょろ、もぐもぐ。

f0033630_15445136.jpg


写真に撮り忘れちゃったけど、世界で一番美味しい“鯛焼き”も
食べました。
皮が揚げたようにぱりぱりしていて、薄くて餡は甘すぎず小ぶり
のものでした。
多分あれなら5匹は食べれる。
他の市場でも食べてみたけどあそこのが一番だった。

f0033630_15461723.jpg


こちらは“ホットッ”
揚げ焼き菓子。
生地の中には三温糖のみ。
だけどめちゃめちゃ美味しい!!
普通のと、ヨモギ味の生地2種類あった。
東京でも新宿の職安通りに屋台がでているそうです。
[PR]
by ruinyoro | 2006-04-10 15:43 |


<< アゴリー(韓国) チェジュとチェ・ジュウ >>