北野天満宮の骨董市

f0033630_13355090.jpg


ふふふ。
これなんだと思いますか?
前に京都の北野天満宮の骨董市に行ったときみつけ
たもの。
お店のおじさんに尋ねると、どうやら何かお菓子を焼
いていたものらしい。
木の柄のところはグラグラだったけど、まるいポコポコ
した感じが気に入りました。
今では2つあるダイニングテーブルの1つに常置してま
す。

久々にこれて本当に嬉しかった京都。
台風がくる前に着いて、蒸し暑い中毎日ぶらぶらしてま
した。
そんな時、街角で“冷やし飴”を初めて飲んでみた。
よく冷えたガラスのコップに、お店のおばさんがひしゃく
で入れてくれた冷やし飴は、からだにすーっと清涼感を
もたらせてくれ、とても美味しかった。
木陰でコップを手に一休みしていると、カップルや散歩
途中のおじさん、外人の観光客が次々に冷やし飴を飲
んでいく。
何だか、こういうのっていいなぁ~と思う。
次はいつ行けるだろう、京都へ。
[PR]
by ruinyoro | 2006-03-26 13:55 | 骨董市


<< 水餃子 『水と空のあいだ イイノナホ』... >>